SDGs大阪マルビルの持続可能な開発目標(SDGs)の取り組み

大阪キタのシンボルタワー 大阪マルビルの中にあるホテルです。温かいおもてなしの心でお客様をお迎えいたします。JR大阪駅から徒歩約3分と大変便利にご利用いただけます。

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

4つの重要テーマ

大阪マルビル・大阪第一ホテルでは、
「お客様の安心・安全」「地球環境」「地域貢献 」「働きやすい職場づくり」の
4つの重要テーマを柱とし、持続可能な開発目標の活動に取り組んでまいります。

お客様の安心・安全

お客様の安心・安全

感染症対策、食品衛生、災害対策、防犯対策など、お客様の安心と安全のために、様々な設備の設置や取り組みを行っております。

Sustainable Development Goals

  • 衛生管理対策

    衛生管理対策

    お客様と従業員の健康と安全を第一に、安心してご利用いただけますよう感染症対策として様々な衛生管理対策を実施しております。
    大阪第一ホテルの衛生管理対策についての詳細はこちら

  • AEDの設置

    AEDの設置

    1F大阪第一ホテルロビー及び防災センターに、AED(自動体外式除細動器)を設置し、年1回、スタッフを対象に普通救命講習を実施しております。

  • 盲導犬・聴導犬・介助犬

    盲導犬・聴導犬・介助犬

    大阪第一ホテルは、盲導犬・聴導犬・介助犬をはじめとする補助犬とのご同伴が可能です。

  • 車椅子ご利用の設備

    車椅子ご利用の設備

    車椅子でご利用いただける、客室をご用意しております。(ご予約時にお問い合わせください)お手洗いは、5FとB2Fにございます。

  • ピクトグラムによる原材料の表示

    ピクトグラムによる原材料の表示

    バイキングご提供の際は、ピクトグラムによるアレルギーや宗教的な禁忌の原材料の表示をすることにより、文字の読めないお客様でも安心してご利用して頂けます。

  • 災害対策

    災害対策

    災害に迅速に対応するため、マニュアルにそった災害対策訓練を2ヶ月に1回実施し、年1回は所轄消防署にご協力いただき、自衛消防訓練の確認をお願いしています。また、従業員・テナントスタッフを対象とした消火器訓練などの基本的な訓練と、消火器・火災報知器・防火扉の位置、防災グッズの設置場所の確認も不定期に行っています。

地球環境

地球環境

企業として環境に配慮した取り組みを継続的に行い、お客様と共に取り組む「低炭素社会」と「循環型社会」を目指した持続可能な地球環境対策を推進します。

Sustainable Development Goals

  • ゴミの分別・削減

    ゴミの分別・削減

    ゴミの処理に関して焼却ゴミ・産業廃棄物及びリサイクル品に分けています。ホテル客室や館内にも分別ゴミ箱を設置させていただいております。

  • リサイクル

    リサイクル

    館内で排出する紙・ダンボール・空き缶・ビン等は、廃棄せずに再生品目としてまとめて回収しています。

  • CO2削減

    CO2削減

    「大和ハウスグループ環境行動指針」及び、「大阪マルビル 大阪第一ホテル環境方針」に基づき、設備の見直しをして改善を行い、大阪マルビルから排出するCO2の削減に取り組んでいます。

  • 客室のエコメイク実施

    客室のエコメイク実施

    地球環境保護を目的とし、お客さまのご理解とご協力のもと、連泊される場合の客室のエコメイクとしてリネン類3点(シーツ・布団カバー・枕カバー)を交換せずに再利用してベッドメイクを行っております。リネンのクリーニングに掛かるエネルギー使用量を抑えることで、お客さまとともにCO2の削減に取り組んでいます。

  • 森林育成紙の利用

    森林育成紙の利用

    森林資源の持続的な発展という観点から、パンフレットなどの作成時には、森林育成紙の使用を推奨しています。森林育成紙とは、計画的な伐採などにより良好な環境の中で生育を続ける「持続可能な」森林の拡充を目的とするものです。

  • プラスチック類破棄削減

    プラスチック類破棄削減

    シャンプー・ソープ類は、ポンプボトルを使用しており、必要量のみのご利用と、個包装の場合に発生するプラスチック類破棄削減に繋がります。

    2022年4月1日より「プラスチック資源循環促進法」に基づき、歯ブラシ・ヘアブラシ・カミソリなどを含む、バスアメニティの客室でのご提供を廃止し、全てフロントにてご自身で必要なアイテムのみお取り頂くアメニティ・バー方式に変更しました。持続可能な地球環境対策として、プラスチックごみ削減に取り組みます。

  • 照明のLED化

    照明のLED化

    数年前より客室を含め施設内の照明のLED化を進めています。LEDは白熱電球や蛍光灯に比べ、二酸化炭素排出量が少なく環境に優しい照明です。

  • 節水

    節水

    客室バスルームに節水シャワーヘッドを導入し、館内のトイレには環境に配慮した節水洗浄装置を導入しています。

  • 資源保護

    資源保護

    お客様と共に資源保護活動を行う為、客室のトイレットペーパーを使い切って頂くようご協力をお願いしております。

地域貢献

地域貢献

社会と共に生きる企業として、様々なボランティア活動に取り組んでいます。

Sustainable Development Goals

  • 児童養護施設の卒園式に協力

    児童養護施設の卒園式に協力

    児童養護施設の卒園式にてケーキセットをご提供し、ご歓談の場を支援しています。

  • 使用済み切手の回収

    使用済み切手の回収

    社内で使用済み切手の回収活動をしています。

  • ペットボトルのキャップの回収

    ペットボトルのキャップの回収

    館内で捨てられた、ペットボトルのキャップの回収活動をしています。
    (協力:コカ・コーラウエスト株式会社)

  • 事業を通じた支援

    事業を通じた支援

    「公益財団法人吉野山 保勝会(大正5年発足)」への事業を通じた支援を行なっています。客室1室販売につき1円を支援しています。

  • 募金活動

    募金活動

    毎月継続して社員から寄付を募る「エンドレス募金」にマッチングギフトを採用致しました。1口100円で給与天引きによる募金活動を実施し、その金額と同額を会社が上乗せして寄付いたします。

働きやすい職場づくり

働きやすい職場づくり

多様なライフスタイルの従業員が安心して働くことのできる環境を整えるとともに、能力を自分らしく最大限に発揮できる職場づくりに取り組んでいます。

Sustainable Development Goals

  • 安否確認メールシステム

    安否確認メールシステム

    災害時に従業員とその家族の安否確認ができるメールシステムを導入し、管理者がいち早く状況確認できるようにしています。

  • 社内表彰制度

    社内表彰制度

    社内表彰制度として永年勤続に加え、​自己啓発、ホスピタリティの発揮、自衛消防等の様々な貢献活動を行った従業員を表彰することで働きがいやモチベーションの向上に繋げています。

  • 継続雇用環境

    継続雇用環境

    女性の出産・育休後の継続雇用環境があり、育児中は夜勤なしや短時間勤務などのワークライフバランスを考慮した勤務が可能です。

  • 研修を開催

    研修を開催

    社員の意識・知識・認識を向上させる社内研修(外部講師・ビデオ視聴・オンライン研修)でSDG'sにつながる人権、ハラスメント、コンプライアンス、環境問題等の研修を開催しています。

  • EAPサービス(従業員支援プログラム)を導入

    EAPサービス(従業員支援プログラム)を導入

    従業員のメンタルヘルスケアとしてEAPサービスを導入し、24時間相談のできる外部機関を設けています。